トイレットペーパーが品薄? あなたはどうする? ~ネットリテラシー

コロナウイルス騒動

今回のコロナウイルスの反動で今、起こっていることのひとつ。それは
juju も書いていたけど、トイレットペーパーの品薄状態!!
マスクの品薄の話だけではなく、まさかのティッシュ&トイレットペーパー品薄!
連日TVでも報道されていますよね。いつの時代の話なの?って気持ちになりますねー。
拡散された情報はデマだったり、あるいはフェイクニュースです。
SNSなどで流されるのでしょうかねー。中国製だから品薄になる💀とか・・・。
しかしトイレットペーパーは98%位が日本の国内生産で在庫は十分あるようですね。

トイレットペーパー品薄って...

そんな「心配しないで大丈夫です」ってニュースが昨日のTVでも流れていました。
しかしTVで大丈夫って伝えているのに、我先にと買い漁る方が結構おられる様です。
ここは日本なの?!と、ビックリするような映像が流れています。
そして買いに行く人は、一般に情弱(情報弱者)と呼ばれる、年配の方々も多かったりします。
年配の方々の多くはネットからの情報で動いているのでしょうか???
いえ、やはり年配の方はTVを見ている人の方が多いような気がしますけどねー。
最近はそんなにSNSをしている高齢者の方々は多いのでしょうか???

「情報弱者」の意味はマスコミ報道やインターネットなどに触れる機会が少なく、情報の入手において不利な環境にいる人のこと。W…

 コロナウイルスに関連する事についてひとこと言いたい ichi です!

 

さて、ここで私 ichi の仮説です。

年配の方々を70歳以上の高齢者と仮定します。
その10人いる高齢者のうち2人か3人はSNSをしているとします。そして
その中のネットが出来る高齢者のひとりに情報が流れてくるのです。
『トイレットペーパーがオイルショックの時みたいに無くなる」と。
それを聞いた善良なネットが出来る高齢者の方は拡散するのです💦💦
「トイレットペーパーが無くなるらしいから早めに買った方がいいよ」と・・・。


善意の先にあるものは

ここから先の流れはアナログの世界になるのだと思います。電話、メールあるいは直接。
ネットが出来ない方々同士の中で「トイレットペーパー品薄情報」が出回るわけですね。
全て「善意」ですね。 自ら、自分たちを情弱と知っているだけに教え合うのです。
TVは本当のことを言わないこともあるという感覚もあるのでしょう。
それらの情報が拡散することで「トイレットペーパー騒動』が起きていると思うのです。
ネットが出来る時代になっても「情報」を受け取る「人」次第で結果はさまざまという事。

まだまだ日本も哀しいですが、よその国を笑えない国民性だということでしょうか。
これだけネットやTVで、トイレの紙は心配しないでいいですよと伝えても効果なし。
そしてそういう人(情弱)がいると商品が売り場から無くなることもあるからと、
したり顔の人達、 情強(情報強者)が商品が並んでいるうちにと早めに買うわけです。
少し先読みできる人までも、結局、商品を買い漁ってしまう一員になるのです。
商品がなくなる『方程式』はそういう風に出来ているようですねー。

品薄パニックの方程式

  • 情報を鵜呑みにして、早く買わなくてはと焦って買いに走る人(情弱の方)
  • それ(上記の人らがいること)を見越して早めに買いに行く人(情強の方)
  • そんな品薄になっている映像、画像を見てとりあえず買いに行く人(流されやすい方)
  • 本当に必要な人が一時的に手に入らなくなるという笑えない悪循環(困ってしまう方)

情報弱者と情報強者の違い

情弱の皆様が『自分のことだけ考えて」自分達だけは助かりたいと買い漁る!
情強の方々はそれ(買い漁られる)を見越して、やはり『自分らのため』に買う。
かくして商品は店頭から無くなり、本当に必要な方々には渡らなくなるわけです。
確かに一時的ですが、本当に必要な方々には渡らなくなるという点が怖いですね。
小さなお子様がいるお家や、体の弱い方、高齢者の方々に行き渡らなくなるのです。
そういった意味では情弱の方も、それを見越せる方も、ある意味同じですよね。同罪?

同罪という大げさな表現でなくてもいいでしょうが、もしかしたら罪かもしれません。
本当に社会的弱者の方々は、そもそも迅速に買いに行けない方々が多いわけです。
確かに自分のことは自分らで守らないといけません。
私のように生ぬるいことを言ってては、いざという時、餓死してしまうのかもしれません。
しかし、もう少し冷静に判断できる世の中であって欲しいなぁとは思います。
トイレットペーパーに限らず、正しい情報収集と大人の行動をして欲しいものです。

ネットリテラシーを家族で考える

インターネット普及後の世の中は昔と大きく様変わりしました。
ウインドウズ98くらいから加速度的にネットの世界は進化してきましたからもう20年。
ネットリテラシーにしても、あまりにも無防備な方々は相変わらず多いですね。
フェイクニュース、愉快犯的ニュース、そもそもデマ。
そういったもに流されないことも、「オレオレ詐欺」に引っかからない事と同じです。
善意だとしても『嘘の情報』を拡散してしまうことは、双方にダメージ大きいことです。

家族が揃った時に、リテラシーの話は親から子へ、子から年老いた親へ伝えて欲しいもの。
いざ!という時に、流されない、困らない為にも世代間の意思疎通は大切にしたいものです。
便利なツールは、扱い方を間違ってしまうと、凶器のツールにもなることがありますからね。
今日は少し社会派の時事系の話題になってしまいましたね。
また読みに来てくださいね。ここ、エッセンシャルの森 でお待ちしています。


今回の記事は私、 ichi が書きました。
ブログランキングに2つ参加しています。ポチッとクリックお願いします!

にほんブログ村へ


人気ブログランキング

 

>エッセンシャルの森 へようこそ

エッセンシャルの森 へようこそ

本質的に必要なものを探しに行こう!好奇心という森の中へ...
ホームページ名「エッセンシャルの森」の由来です。

食べたもの、行ったところ、感じたことを3人で書いていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。