アフターコロナの新しい生活様式考えました! コロナ鎖国de出島スタイル!

コロナの時代なんてくそくらえ!鎖国のススメ!

先日、安倍晋三さんが「コロナの時代」って言ってました。
もうビックリしました!感染時代ってありえないでしょ!!
コロナの時代とか、そんな時代はいりません。アホかと思いました!
もしかしたら、ワクチンが出来て通常のインフルより厄介ではなくなる可能性もある。
いちいち暗いんだよね!発想が・・・。国家の代表なら夢も語らないといかん!
ま、安倍晋三の悪口書くと長くなるので今日は書きませんが(笑)

新しい生活様式では恋愛も結婚も子供も出来ません(笑)

先日もお伝えしましたが「新しい生活様式」のまま生きていくって、一言で言えば楽しくない!
三密出来ない「新しい生活様式」って言葉変えれば引きこもり様式のすすめですからね!
そして柔道やレスリングや相撲等の密着系のスポーツはまず練習すら出来ません。
あげるときりがないくらいに人間らしい生活を奪う、全く新しくない生活様式。
そんな生活様式を勧める国や自治体って・・・ことなかれ主義の権化になってしまた。
いずれ東京も大阪も感染者は減少し、全国的に自粛解除になっていくのも間近だと思います。

関連記事

アフターコロナの世界を生きる私たちのために「新しい生活様式」が用意されましたあの(私的にはあまり役に立たなかったと思われる)新型コロナウイルス感染症専門家会議の方々からの提言を踏まえた、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」です[…]

そこで私は考えました!!

こんな自粛生活をするくらいなら、もっと良い世の中を作ろう!と!

私の提案はこうです。

歴史よ再び!! 江戸時代まで戻るけど・・・!

日本コロナ鎖国政策! コロナde鎖国

幸い日本は島国ですから、江戸時代のように鎖国したらいいのです!
まずは皆が必要以上に恐れる新型コロナウイルス(武漢風邪なんですけどね)をSTOP!
国内に入れないようにして国内の感染者をずっとゼロ状態を作るのです。
そして江戸時代にもあった様に、出島を作るのです!!(笑) いや、本気と書いてマジです。

どっかの政治家に教えて下さい!!

出島スタイルで日本をウイルスから守るのです!

これを大阪モデルのようなイメージで「出島スタイル」と名付けましょう!
全国で8つくらい作ればいいと思う。もしくはその倍でも良い。
北海道、東北、東京、神奈川、愛知、大阪、福岡、沖縄くらいかな。
でもって、2週間滞在後、正式に日本へ入国しても良しというようにするのです。
入国の際もそうですが出国の際も同じようにしたら良いのです。

新型コロナウイルスは出島スタイルでSTOP!

そこで人もモノも一旦保留できることでウイルスを阻止出来て防止出来るでしょう。
そうすると外部からのウイルスはほぼ大丈夫では?(密入国以外は)
全世界的にコロナウイルスがSARS、MARS並の扱いになるくらいまで継続したらいいのです。
で、収まったらその状態のまま少しずつ鎖国状態を解除していけばいいのです。
出島もそのままの状態で存続させていくわけです。
すると第二、第三の新たなウイルスが流行した時も日本はいち早く防御できますから!

人類とウイルスの闘いは未来永劫続きます!

人類とウイルスとの闘いはこれから定期的に続くわけです!
この日本鎖国モデルが成功すれば世界が真似したらいいのです!
大きな空港ごと「出島」みたいにしてもいいですよね!
そうすることで今回のような大惨事になる前に最小限で防げるのではないでしょうか。
移動の時間や物の移動などは多少現在よりも時間ロスは出てきます。
しかし、何よりも安全で安心な人生!思う存分三密できる人生を満喫出来るのです!

PCR検査や抗体検査、抗原検査も全てそこで出来る!

まずは日本の内需拡大からです!
外国へ出かける人も、出島で2週間滞在してから行けばいいのです!
諸外国も「鎖国政策」して出島を作ってくれたら合わせて2週間でもいいですね!
その出島の入口で全ての人民に「PCR検査」的なものをすればいいのです。
一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなるすごいアイデアだと思いませんか?
自分で書いていて興奮してきたです(笑)

日本、世界で「出島」を作るプロジェクト、始動!

政府や自治体が勧めるような「新しい生活様式」に当てはめる人生より、
ひとりひとりが未来永劫、楽しく人間らしく生きられる世の中を目指しませんか?


にほんブログ村へ


人気ブログランキング

 

オマケで最近書いたTwitterの記事も紹介しておきます。

世界の常識が全て日本に当てがまるわけではない!という話

現行のPCR検査を増やせ、増やせと言ってる方にぜひ読んで欲しい記事の紹介

 

>エッセンシャルの森 へようこそ

エッセンシャルの森 へようこそ

本質的に必要なものを探しに行こう!好奇心という森の中へ...
ホームページ名「エッセンシャルの森」の由来です。

食べたもの、行ったところ、感じたことを3人で書いていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。