『もこ もこ もこ』作・谷川俊太郎 絵・元永定正/文研出版 不思議な世界を旅しよう【1~2歳】

子どもがいなければ、誰かに本を読み聞かす機会って、あまりないですよね。

毎日怒ったり泣いたり笑ったり、忙しい日々ですが、絵本の読み聞かせは日課にしています

shin
2人の娘を絶賛子育て真っ最中のshinです!

昔、親友の息子ちゃんが2.3歳だった時、「絵本読んで」と言われ、読み聞かせることがありました。
その時、その子のお気に入りの絵本が もこ もこもこ でした。

 親友の子への読み聞かせ

有名な絵本ですが、当時20代の私は絵本に詳しくありません。
初めて見る不思議な絵本でした。

幻想的な世界の中で、地面が盛り上がっていく絵と「もこもこ」や「にょき」という言葉だけ。

どう読めばいいのかさっぱりわからず、戸惑ってしまった思い出があります。

ですが、そんな私に繰り返し何度も読めと言う友人の息子ちゃん。

慣れない私の読み方でも、じーっと聞いて、絵を見て、楽しんでいたのが印象的でした。

そしていつしか私も慣れ、自分が楽しんで読めばいいのだと気がついたのでした。

大判サイズは迫力満点

この時をきっかけに、『もこ もこ もこ』は大好きな絵本となりました。

低月齢の赤ちゃんにも読み聞かせしてあげたい絵本です。

大判サイズで見応えがありますし、美しい色合いと幻想的な世界。

シンプルですが頭に残る谷川俊太郎さんの擬音。

親子で不思議な世界に入り込める素敵な絵本だと思います。

ただしボードブックではありません。
普通にビリッと破れる絵本です。

なめなめ期&ビリビリ期も、親子の想い出に

なので、なんでもかんでもなめなめ期と、なんでもかんでもビリビリ期、には、危険な絵本です(笑)

綺麗な状態を維持するためには、危険な時期の読み聞かせ後には、手の届かない場所に収納する他ありません。

恐らくそうしていても、ふとした瞬間にページがビリッと破られ、悲しみにくれながら、テープで補修する事になるでしょう。

それは普通紙ベースの絵本については、全て言えることですね!
それもまた、想い出の1ページ。

絵本ミュージアム大好きです!

さて、この『もこ もこ もこ』のお話ですが、※「2019年絵本ミュージアム」のイベントで大きな作品となっていました。

不思議な世界のもりあがりが壁に映像されてあり、設置されている筒に向かって、オノマトペ(擬音語、擬声語)を言うと、画面のもりあがりが変化していく…というもの。

娘たちはとっても喜んで「にょきにょき!」や「パクパク!」と自由に叫んで、画面上の形が変わるのを楽しんでいました。

絵本を題材にしたこういったイベント、もっとたくさんあるといいな!
親子で楽しめますよね☆

冒頭に出てきた、親友の息子ちゃん。
先日久しぶりに会ったら、大学生になっていました。
もこ、もこもこ!?という感じに、会う度成長しているので、驚きます。

「ちょっと前まで抱っこしよったのにい!」
「まぁ〜、大きくなっちゃってぇ」

という、昔おばちゃん達によく言われたような言葉を言ってしまう私。

友達の子どもに読み聞かせて知った絵本を、今我が子に読み聞かせ。
なんだか感慨深いです。

不思議な世界を親子で旅できるような絵本のお話でした!

最後まで読んでくださってありがとうございます!

※ 子供たちも私も大喜びの空間です。 来年、楽しみにしています(*^-^*)

「絵本ミュージアム」は福岡市アジア博物館で、毎年夏休みの時期に開催される絵本の世界のイベントです。
残念なことに、今年はコロナウイルスの影響で開催はなくなったと、ホームページに載っていました。


絵本ナビオリジナルランキング上位の本もご紹介


だるまさんシリーズ「が・の・と」(3冊ケース入り)
作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ


今回の記事は子育て真っ最中の、shinが書きました。
ポチッと応援クリックお願いします!
年齢別 絵本のご紹介 のページも作りました。
良かったらご覧ください(*^-^*)

にほんブログ村


人気ブログランキング

>エッセンシャルの森 へようこそ

エッセンシャルの森 へようこそ

本質的に必要なものを探しに行こう!好奇心という森の中へ...
ホームページ名「エッセンシャルの森」の由来です。

食べたもの、行ったところ、感じたことを3人で書いていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。